2018年05月30日

デリカD-5異音

写真がありません。。。

デリカD-5
異音とエンジンオイル交換でご入庫頂きました。

異音は、低速時にコッコッコと駆動系の回転と共に
音が発生してるとのことです。
一緒に来られてた奥様は私にはまったく聞こえないんですけどね。と。。。

お話を伺いながら推測すると、ドライブシャフトのグリースがドロドロに溶けてしまった
ベアリングがケースに当たって出てる音だろうと推測し、
試運転してみると全然違う。。。
思っていたより音の周期がかなり速い。
S様からお伺いした通り、駆動系からの音で間違いないけど、
異常とは言えないレベルの音。
だけど一度気になると気になって仕方がない!!!
音の発生源はCVT本体しか考えられない!!!

工場に戻りリフトに乗せて、Dに入れてタイヤを空回ししてみると、
CVT本体から、コココココココと音。

S様に連絡をし、CVT本体から音が発生している事を伝え、
CVTFの交換をおススメしました。
交換して音が止まるとは言い切れないけど、可能性はある。
保護成分の強いSOD-1も添加する事になりました。
モチュールのマルチCVTFを使用!
8Lの交換でかなりきれいに交換できました!!!

そして試運転すると。。。。。
音が大きくなった気がする。。。。。
ん。。。。。
いやオイルがまだなじんでいないせいかもしれない!
と思い工場の周りを一周走ると大分音が小さくなった気がする。

もう少し走ればもっと馴染むはず!と試運転。
作業者の松岡と2人で音に敏感になりながら試運転。
と。お互いに別の音が大きくてCVTの異音が聞き取りにくい。。。。
エアコンの音が大きい。。。
とりあえずエアコンの音を小さくしよう!と意見が一致。
絶対にガスが減ってる!
工場に戻り、エアコンガス入れ替え機?
エアコンドクターS3って名前の機械。
この機械の良いところは、今現在入っているガスの量を
知ることができるので、漏れているのか、
自然と経年で減っているのかの目安になります。
今回は120g減っていました。
10年間補充無しだったと考えると、
漏れがあるとは思えません。

ガス量を規定値まで入れると、エアコンは静かになりました!!
ってメインの作業は完了してませんが、あとは入れたオイルの性能
とSOD-1の性能に頼るしか無いです。。。。

S様にはそのまんまお伝えし、500kmぐらい走ると、SOD-1が
完全に馴染むだろうから、それぐらい走っても音が消えない場合はもう一度
来ていただくようにお伝えして様子を見てもらうことになりました。

ちょっとすっきりしない事例でした。。。。。  

Posted by Sunny day auto service at 14:22Comments(0)

2018年05月30日

997 カレラ4S エアコン修理


エアコンが効かないって事で入庫のポルシェ911

最近スーパーカーに慣れてきた(多分いい意味で。。。)ので
気軽に受けたエアコン修理。

お預かりできる時間も限られていたので、今回はガスの補充と蛍光剤の注入のみと
思っていたのですが、機械で車両に残っているガスを回収してみると、たったの60g。。。。
ガスダダ洩れです。。。これはガスを補充しても意味がないなと思い、漏れの個所を探してみると、
目の前に漏れた痕跡が。。。。
エクスパンションバルブ辺りがエアコンのコンプレッサーオイルでべっとり。。。
ここから大量に漏れてる。。。

支給パッキンを取り寄せ、交換!
4個中1個が完全に変形していたので間違えない!
って事で、サックとガス漏れ修理完了!!!!

そしてガスラインの真空引きして、コンプレッサーオイルの添加剤(スノコACエフェクター!
スノコは冷凍機油トップメーカーらしいので、物がすごく良い!!!冷えもよくなるし、コンプレッサーの寿命も延びる
異音も減るし、抵抗が減るので燃費も上がる!!!良いことだらけです!)
ガスを規定値の900gにきっちり入れて作業完了!!!
ポルシェは国産車と違いMAX COLDは16度。
冷え冷えになりました!!!!

こんなにサクッと結果を出せて良かった~。
費用のほうもグ~ンと抑えることもできました!!!
  

Posted by Sunny day auto service at 13:44Comments(0)

2018年05月02日

W211 足回り異音。


昨年の10月頃にリヤのエアサスの交換をさせて頂いた車両です。

前回のエアサスの修理時の入庫の経緯は、
別の工場で中古のエアサスを取り付けるも
2週間もしないうちに破裂。

その手直しで、再度交換してもらうも1週間持たずに破裂。。。
との事で、
作業した工場はミスは無いから使用上の問題だということで
責任は無いからどうしようもないと結論付けられたとの事。

そんなにトラブった車両を触るのは物凄く怖いけど、
受けて立ちました!
後ろペッタンコで乗れる状態ではなかった。。。
エアサスだけでなく、コンプレッサーの内部まで錆が出てましたので、
丸っと交換を行いました。

破裂の原因は恐らくエアサスの取り付け角度を間違っていたことと
推測されます。
かつノーブランドの安い物がついてました。。。。

純正は高額なので社外品で探すと、ビルシュタインのエアサスがありました。
とここまで昨年の作業。

そして今回はリヤの車高に左右差が有る、
足回りより異音が酷いからその修理との事です。

左右の車高の違いは最大1.5cm。
お預かりした時は差は無い。。。。
ある時は右が高く、
ある時は左が高い。。。

なんだ???


異音の発生はリヤはショックアブソーバーより発生。

フロントは、ロアボールジョイント、ブッシュより異音発生。。。
ロアボールジョイントのガタはこの車両の定番修理箇所。

フロントは特殊工具をKさんにプレゼントしてもらった
物を使ってサクッと交換!
(特殊工具(SST)が無ければ構造上絶対に作業が出来ない。。。)

簡単そうに見えたリヤショックの交換が難航。。。。

ショックの頭がこの何とも言えない形の特殊ナット?で締まってます。
別の工具で抑えようと何度もトライしましたが、滑って緩みません。。。。

特殊工具を買おうにも誰も持ってません。。。。。

どうやって外すか考えました。。。

そして翌日通勤中に閃きました!!!
あの特殊ナット?皿に6角ナットを溶接すれば外せるし、
締めれる!!!

元溶接工の武ちゃんにTIG溶接で溶接してもらいました!

作戦成功!!!!!
簡単に外れました!!!!


おかげで無事に交換完了!!


作業後はびしっと音も止まりいい感じです!!!

車高の差は、この車両はリヤだけエアサスでかつ、
車高のセンサーはリヤ左右で一つ。
しかも高さじゃなくて、圧力でしかコントロールしているとの事。

じゃーなんで左右差が出るのかは今もって謎です。。

恐らく車両のコントロールユニットの精度の差が原因なのでは
というところで、様子をみてもらうことになりました。



  

Posted by Sunny day auto service at 08:31Comments(0)

2018年05月01日

IS250 30万キロ エンジン

前の続き

今度はエンジンの作業

まずはインテークマニホールドを外して
INバルブを覗いてみると、
想像していたよりカーボンが付いていない。
30万キロ。高速道路での走行が多い車両だったと推測。



清掃前の状態です。。。。
それなりに汚れています。

清掃後


かなり綺麗に洗浄出来ました!
取り残した可能性のあるカーボンはRECSとフューエル1で除去。

そのままエンジンを掛けてみると、3000RPMぐらいでアイドリング??
かなりスロットルバルブを開いた位置で補正していたようです。
学習をリセットして再学習させると正常なアイドリングになりました。

でここで少し失敗。。。
先に排ガステスターで数値を見ておけばよかった。。。
(どのくらい改善したのかが把握しにくい。。。)

ここまで作業して排ガステスターで測定

HCの濃度が310ppmと高すぎる(未燃焼ガスが多すぎる)
車検の基準はISの場合は300PPM以下。
車検だったら不適合。。。。

それでも試運転すると、前よりエンジンは滑らかに
吹け上がるようになった。
でも生ガス臭い。。。

今度はエンジンフラッシング!
WYNNSのフラッシングマシーンを使います。
特注で制作してもらったアタッチメントを初使用!!!
(アタッチメントに結構な金額掛かりました。。。。。
その分クオリティーは最高です!)


フラッシングが進むと内部の油圧が下がってくるんです!!!



最初は3kでしたが、最後は2Kまで下がりました。
詰まりが取れた証拠です!
エンジンオイルはチタニック エコを使用。

ここでまた排ガステスターで測定

HCが150ppmまで下がってる!!!
フラッシングの効果が目で見えました!
しかしまだまだHCの濃度は高すぎる。

写真忘れたけど、
エアマスセンサーとAF(O2)センサーの交換。
エンジンの空気の入り口と出口のセンサーの交換です。
交換後また排ガステスターで測定すると、

HC22PPM!!!!
物凄く下がりました!!!
正常の範囲にようやく入りました!!!

全ての作業が終わり、試運転!
アクセルを踏み込むと、前は全くなかった
シートに体を押し付けられる感じが出てきました!
エンジンは滑らかに回転が上がっていき、
変速ショックもあまり感じない。
乗っていて気持ちいい!!!!

こんなに激変したのは初めて。

30万キロ走ってる車両をこんな風に
整備をさせて頂いたことも初めて!

オーナーが予算を多めに組んでいただいた
おかげて気になるところを全部することが
出来ました!!!!

いつもお客様に喜んで頂きた!って気持ちで
仕事してますが、これは自分たちが?も?
喜んだ!!!!

あと10万キロは全然走ると思います!!!

ありがとうございました!!!!
  

Posted by Sunny day auto service at 08:31Comments(0)修理、整備