2015年07月29日

22㌅タイヤ交換!

先日、交換した22インチのタイヤです。


このチェンジャーを使うと大径の超扁平タイヤが物凄く簡単に、交換できます!!!
交換が簡単と言う事は、タイヤに無駄な力を掛ける事無く、
ホイールにも傷を入れる恐れが無いので、ホイールにもタイヤにも優しい
タイヤチェンジャーです。
町の整備工場でこのチェンジャーを持っている所は極めて珍しい!と自負してます。
サイズは30インチまで交換可能で、ランフラットタイヤも交換可能です。

動画にチャレンジしてみました!!!



暑いですが、楽しくやってます!!!
タイヤ交換も阪下自動車にお任せください!!!  

Posted by Sunny day auto service at 21:19Comments(0)タイヤ

2015年07月29日

プレオ、ドライブシャフトブーツ交換

エンジンオイル交換で入庫のプレオ。

阪下自動車では5000km毎のオイル交換をお勧めしてるのですが、
前回交換から13000kmも走行してます。

恐る恐るエンジンオイルの量をチェックしてみると、
意外と減ってません!!!

意外と?良いオイルなのかもしれません。
ワコーズEXクルーズ!

とまあオイルの事は良いのですが、
リフトで上げてみると、ドライブシャフトブーツの外側が左右破れてる。。。。

お客様に交差点などを曲がるときにカリカリ音は出てないですか?と尋ねると、
音は何も出てないです。との事。

これで音が出てたら、ドライブシャフトの交換でしたが、今回は出てないとの事なので
ブーツの交換とグリスの交換です。

ドライブシャフトブーツには大きく分けて2種類あります。
分割タイプで、何も分解せずにパカッとブーツだけを変えれる
通称パカパカ。と純正タイプの分解しないと交換できないタイプです。

個人的にパカパカが嫌いなので、分解して交換する方を選びます。
パカパカが嫌いな理由は、分割タイプなので、接合部からのグリス漏れが起こりやすい!
それと部品が高い!平均6000円程。
いいとこは作業時間が極端に短い。ってだけです。

って事でドライブシャフトを外します!

左右仲良く破れてます。。。

外側のブーツを交換するのに、内側のベアリング類を文化うする必要があります。
折角なので、綺麗に清掃して、専用の高級グリスをたっぷり詰めます!


手が結構グリスまみれになる作業ですが、なんか楽しいんです。。。。修理してるって感じがして。。。

組み上げたシャフトを車両に取り付けて試運転です!
異音も無く普通です。 ここまでやっても体感することは無いですが、
それでもきっちりすると気持ちいいです。

今回使った工具たち。




  

Posted by Sunny day auto service at 21:19Comments(0)修理、整備

2015年07月10日

17マジェスタ ATF交換

熊本から2時間もかけてご来店いただきました。
事前に電話での打ち合わせをさせて頂いていたので、
ATのオイルストレーナーを準備してお待ちしてました。

今回は、ATF(スーパーコースト)、ATオイルストレーナー
添加剤はSOD-1です。

まず試乗してみました。走行11万キロですが、変速に
特に違和感もなく、エンジンも正常です。



交換して、違いが体感できるか?とちょっと不安。。。。

コンタミチェックをして点検。
内部摩耗は殆ど見受けられません!!

次にオイルパンから抜いたATF

汚れてはいますが、若干色目が残ってます。
どこかのタイミングで交換したであろうことが見受けられます。

次はオイルパンを外します。
10mmのボルト達を外しても液体シールパッキンなので、
オイルパンカッターを使って外します!

このシンプルな工具は大活躍です!!
使ってると事はこんな感じ。


そして外したオイルパンには2リットルぐらいATFが残ってます。。。


このふちに残っているピンク色のシールパッキンをオイルパン側は、
ドリルの先にワイヤーブラシを付けて綺麗に落とします。
しかし、AT本体側は、カスが飛び散らかるので、スクレッパーと、オイルストーンでゴシゴシ磨きます。
新品のオイルストレーナーに交換して、オイルパンに液体シールパッキンを塗ります!!
阪下自動車で使ってるのがこれ↓

使った感じこれが一番弾性もあっていい感じです!

ATFを交換+補充をして、最後にSOD-1を600cc添加しました!


作業完了後試運転してみますと、以前はス~と出てた感じでしたが、交換後はグッと前に掻き出す感じがして
イイ感じです。全域に置いてトルクがしっかり伝わっている感じがしました。

遠い、熊本からのご来店ありがとうございました。



  

Posted by Sunny day auto service at 13:00Comments(0)オートマ

2015年07月08日

ネイキッド ブレーキ

前回点検をした時にブレーキパッドが少なかったので
ブレーキパッドの交換と、ブレーキの効きも悪いのでそれも一緒に!
との事でした。。


フロントのブレーキパッドを交換して、今度はブレーキの効きが悪い!って所を整備?調整します。

これまで自分は軽自動車のブレーキはこんなものだと思っていましたし、
車検にも普通に通っていたので気にもしてなかったのですが、
リヤのドラムブレーキが自動調整の場合は、(サイドブレーキやブレーキを
踏むと自動で調整してる。)全く調整してなかったんです。
むしろ調整できないと思ってましたが、
最近あることから、知りました。
自動調整でも、調整するとブレーキの効きが格段に上がることを。

特に軽自動車はブレーキを踏むと、車体が前のめりに前だけ沈んで後ろが浮く。
これが普通だと思ってました。


これだと、殆どブレーキは前輪だけで効いている状態。
考えてみたら、軽でリヤのブレーキシューの交換をした経験は殆ど無い。。。。

リヤのブレーキを調整をすると、4輪できちんと止まってる感じがして、
ブレーキを踏んだ時の安定感は全然違います。

(また写真が横向きですが、これがドラムブレーキの中です。)

自動調整の部分がここ

このギアとギアのかみ合わせの位置を動かしてあげるだけです。

自動調整もある程度の範囲でしか調整できないようなので、
車検の時にはきっちりやっておきたいところです。


  

Posted by Sunny day auto service at 13:19Comments(0)修理、整備

2015年07月01日

セレナオーバーヒート

PC25のセレナ走行17万キロがオーバーヒートで入庫です。


走っていると、水温計の赤いランプが点灯したのだけど、
水が漏れてる感じは無いとの事。

お預かりして、セレナを観察。
とりあえずエアコンを入れてみると、電動ファンが
2個の内1個しか動いていない。
普通2個とも回らないといけない。

動いてない方のモーターの
後ろ側をハンマーでこつんと衝撃を
与えてあげると、元気なく動き出しました。
それに伴い酷いこすれる音を発生です。

前回書いたフィットと同じです。。。。

電動ファンモーターの交換です。
こっちはスペースがあるので、
頑張ればそのまま外れそうです!!!!
で外れたモータと新品がこれです!!


作業後納車の時にお客様とお話ししてると、これでもうバッチリやろ!とおっしゃられたので、
現時点ではばっちりです。しかし、ラジエターに劣化が見受けられるので、
まだしばらくお使いになるなら、予防整備としてラジエターとホース類の交換をお勧めします。と
お伝えすると、検討しておくね!ってことです。

いつも思うのですが、緊急性はそこまで無いのだけど、そう遠くない未来に
悪くなるであろう物の交換をお勧めする時は、お伝えするのが難しい。。。
壊れてしまうとどうなるか?と質問されれば、最悪の状態を想定してお話します。
すると、是が非でも交換しないといけないような流れを作ってしまう。。
塩梅を言葉で伝えるのは難しい。。。。
するに越したことはないのですが。。。。。


  

Posted by Sunny day auto service at 12:45Comments(0)