Posted by at

2012年04月14日

続、初韓国旅行。

便所臭い部屋でも疲れの限度を超えると安らかに眠れ、
翌朝起きて暫くすると、同じ部屋の住人?が真っ暗な部屋から数人が出てきた。
ちょっと驚いた。出稼ぎに来ている外国人ばかりだった。。。。

その日は杉本と2人でソウル市内を観光。
昨日の反省を活かして地下鉄に乗るようになった。

(残念なことに全く地名などを覚えていない。。。)
服が大量に売られてるエリアに行ってみたり、
偽ブランド製造エリアに行ってみたり、
お寺に行ってみたり、
妙なバッティングセンターに行ってみたり、
女子大生が多いというエリアに行ってみたり、
目的もなく、ブラブラブラブラ。

そして3食焼肉。
既にニンニク食べ過ぎで胃の調子も悪く、
何を食べても感動が無くなって来てた。
そして又便所臭い部屋に戻り、熟睡。。。

そして翌日、突然杉本が韓国はもう飽たから、別の国に行こう!
と訳の分からない事を言い出し、
当時の国際空港へ。
何やら熱く色々と調べ出す杉本。

結局、チケットが高かった様で別の国計画は中止。

すかさず、「ソウルはデカすぎて疲れるから釜山に戻ろう!」と提案すると、
杉本に受け入れられ、また特急に乗って戻ることに。

釜山に着いて、屋台で食事。海鮮が出てきたりとかなり美味しい。
「チジミ無料だからどんどん食べて!」とかなり気前のよいおばちゃん。
そして会計が2人で8000円超!!!!
えっ????チジミ無料では????
完全にぼったくられました。。。。
それに抵抗する気力がないくらいに酔ってた。

そしてその時は韓国が嫌いになり、
「もう俺は明日帰る。毎日毎日キムチとにんにくで舌も胃もオカシイし、
歩きすぎて足も痛いし、しまいにはぼったくられてる。取り敢えず俺は明日帰る。」と宣言。
(今考えるとかなり弱い。。。。)

すると杉本は「お~それじゃ俺は後3~4日ブラブラ見て回るよ。」と。

で、自分一人で船に乗り先に帰国でした。
行く時も一人、帰る時も一人。
不思議な旅でした。(旅に前知識が無いと、中々楽しめない)

その時は本当に2度と韓国なんて行かない!!と心に誓ったのですが、
その翌年には一人で韓国旅行をするとは。。。。

この経験が後の適当海外生活の基盤になった様な気がします。
超適当な友人杉本をもったことは幸せな事だった様な気がします。
  

Posted by Sunny day auto service at 23:08Comments(0)海外旅行

2012年04月03日

初めての韓国旅行編

22才位の頃の話です。

あれは5月の連休に入る前日、専門学校のころからの友人の杉君から電話があり、
「明日から韓国行くけどいかん?」と突然言われ、

「良いよ!行くよ。」と何も考えずひとつ返事をすると、

「オレ、明日の朝一のビートル予約してるから。」と。

「俺、明日は会社のボーリング大会で、朝は無理よ。」と返事すると、

「それじゃ昼過ぎのビートルに乗ればいいから!俺先に行っとくね~。
港には迎えに行くから!それじゃ明日釜山で!!」と。

「おお!!わかった。そうするは!!」と強がって返事したけど、ん??
船で行くのか???予約なしで乗れるのか???
行って何するんだ???

翌日、ボーリング大会も終わり、会社の同期の人にビートルの乗り場まで送ってもらい、
ドキドキしながら乗船。
水中翼船の速いこと。ジェットエンジンなのか知らないけど、
飛行機と同じようなエンジン音が心地よかった記憶が微かにある。
数時間後には釜山港に到着。

完全に杉本君任せの為予備知識も全く無い韓国。

そして迎えに来ると言っていた、頼みの綱の杉本君が来ない。。。。
待つ事約1時間。その間何度とんぼ返りして日本に帰ろうかと思ったことか。。。
そして待ちわびた杉本君登場!!ってあれ??一人じゃない。
女性も一緒に楽しそうにやってくる。。。。
ん????なんだ????

どうやら朝の船で一緒になった女性と釜山観光をしていたとか。。。。
もう名前は忘れましたが、東京で雑誌の編集をしてる女性でした。

それから、宿を探して、1泊1000円もしないオンドルに何故か3人で部屋を取り、
釜山の街をブラブラして焼肉を食べてその日は終了。

それにしても初めて会った男2人と雑魚寝できる女性って初めて見たのでかなりの驚きでした。

そして泊まったオンドルはどうやら売春宿も兼ねてたようで、ハイヒールのカンカンカンって足音がして、
ドアが開く音がして、数分後には声が丸聞こえと言う、結構ヘビーな宿でした。。。

翌日は女性の友達が日本から到着するとのことだったので、それでは!と言って別れ、
杉本と、「釜山はもういいから、ソウルに行こう!!」と無計画な意見が一致し、
特急に乗り400km位離れてた様な気がします。料金は1500円位だったような。。。

ソウル駅に着いてビックリしたのが、軍服を着た男とのカップルのイチャイチャぶりが凄かった。
そんなカップルがそこら中居る。
兵役があるから最後の別れなのかな?

そして地下鉄5~6駅分ぐらい先にある宿屋を予約し、
アホだから「歩いていこう!!」で意見が一致。

途中完全に道を見失い、
住宅街の迷路にはまりこみ、
壁を乗り越えたり、
人の家に庭を無断で通過したり、
腹が減ったと言っては、焼肉食べたり。。。。

6~7時間歩き通して、奇跡的に宿に到着!!!!

宿は奇跡の1泊500円!!!激安。
ドミトリーなんだけど、どうやら肉体労働者が寝泊りするような所で、
常に誰かが寝てる様なので、真っ暗。何人居たのかも不明。。。。
そして部屋は便所臭い。

でも安い!!!

つづく。。。。。  

Posted by Sunny day auto service at 22:59Comments(0)海外旅行