2013年12月27日

バッテリー上がりのカンタな見分け方

ここ最近、多いのが出張バッテリー交換です。

電話での問い合わせで、「エンジンが掛からないのでどうしたらいいのでしょか?」
が多いので、そんな時にいつも自分はどんな風に答えてるのかを思い出しながら、
アドバイスみたいな事を書いてみます。

まず、エンジンが掛からない。と言っても状況はそれぞれ違うので、まずのはその確認からします。

キーを回して、エンジンがキュンキュンとセルモーターが、
いつもどおりのスピード(音の感覚的なものでOKです。)で回っている場合は、
バッテリー以外のエンジン関係の部品の可能性ありもしくはガス欠。
(極稀にセルは回るが、エンジンが掛からない症状でも、エンジンのコンピュータに
電力が足らずにえんじんが、かからないこともあります。)

キーを回して、ガガガガ。。。と音がする場合はバッテリー上がり。

キーを回して、カチンと一度だけ音がする場合はスターターモーターの不良の可能性大
もしくはバッテリー上がりの可能性。

キーをまわしても、全く何も音も何もしない場合。
バッテリーが完全に上がってる可能性。
キーの裏についてるキースイッチの不良
ATの場合はパーキングもしくは、ニュートラルに入っていない可能性(もしくはセンサーの故障)
エンジンが掛からない可能性って大きくザックリ分けるとこんな感じです。

エンジンが掛からない場合は、バッテリーを疑うのは当然ですが、
簡単にバッテリー上がりかどうか試す方法が有るんです!!

それは、ホーンを鳴らしてみることです。
ホーンがいつもどおり大きな音が出ればバッテリーは問題なし。

音が小さい又は殆ど音がでない場合はバッテリー上がりの可能性大です。

ザックリしてますが、こんな感じで、状況を確認し、必要な工具やバッテリーもしくは
レッカー作業の手配の方法など対応が変わりますので、
もし、万が一、エンジンが掛からなくなって、JAFや、整備工場などにSOSの電話をされる際は
確認してから連絡すると、スムーズは修理が可能です。

またバッテリーのサイズはバッテリーの上部に確実に刻印されていますので、
バッテリーのサイズまで確認できればなお良しです。
(例えば40B19Lとか2桁もしくは3桁の数字の後にアルファベットのBもしくはD
その後に2桁の数字その後にLもしくはR)

阪下自動車では、入庫歴のある車両は、
車検証のデータから付いてるバッテリーのサイズの確認が
出来ます。

  

Posted by Sunny day auto service at 23:49Comments(0)修理、整備

2013年12月04日

広島からご来店!

先日、電話での問い合わせで、RECSとATオイル交換のご予約があり、
詳細を伺ってると、広島からの問い合わせで、まさかそのためだけに来るには
遠すぎますので、お近くで同じような作業してるところが、
絶対にあるので、地元で探されたほうが。。。
と妙なアドバイスをして、電話が終わり、
30分後に、そんな整備工場が見つからなかったので、
土曜日に行きます。と。

本気なのか??と失礼ながら、イヤイヤ冗談でしょ。
とか思ってたら、後日、FAXで交換要望書が届きました。
エンジンオイル

ATF(オートマオイル)

トランスファーオイル

リアデフオイル

アテーサオイル

エンジン内部洗浄RECS

この5種類。
車はY33 セドリックの4WD

この5種類のオイルでわからない物が一つ。
アテーサオイルって何??
アテーサシステムは、
日産の物凄い4WDの自動切り替えだということだけ
は知ってましたが、そのシステムがどうなってるとか、
構造とかは全くの無知。

色々とFINESSで調べると、エア抜きをしたり、
コネクターを外してエア抜きモードにいれたりと
結構作業は複雑そう。。。。

う~ん。やってやれないことはないけど、
交換後直ぐに広島に戻って、何かあった場合は
対応できないからと、
電話で、素直に交換したくない訳をS様に説明するも、
十分理解した上で、交換お願いします。と。

何時ごろご来店されますか?ご予定を伺うと、
当日の朝一番か、前泊します。との事。

これほどまでに、遠くから、全面的に信用していただいてる方の気持ちに答えねばと。
純正指定のオイルの粘度や種類、量などをすべて確認。
前日の飲み会もかなり控えめにしよう。と。。。

そして金曜日の夕方に広島から到着!!!
折角前日から来ていただいたので、
全てのオイルのドレーンを外して、一晩中抜いて、翌日に交換作業。

エンジンオイルは、チタニック。
ATFとトランスファーオイルはスーパーコースト
リアデフオイルは、ワコーズ
アサーテオイルは日産純正パワステオイル

トルコン太郎でATFの交換↓


こっちは新ATF


アテーサオイルのタンクはトランクルーム内にあり
作業手順通りにすると約1時間ほど、四苦八苦しながら
完璧に交換完了。

そしてRECS!!
尋常じゃないほどの白煙!!!



すべての作業が終わって2時頃に再度ご来店。
色々とお話をさせていただき、有意義な時間になりました。

そして、ものすごく気になるので、ご自宅につきましたら、ご連絡を一報下さい。と
お願いして、S様は広島に旅立って?行かれました。

19時ごろに電話があり、あれから天神で買い物してたら遅くなりましたけど、
今帰りつきました。車の調子も良いですよ!!
また何かあったらお願いしますねって。

こんな人との出会いって面白いな。と思った日でした。

しかし、遠い!!!(ところありがとうございました。)  


Posted by Sunny day auto service at 22:36Comments(1)修理、整備