2017年06月06日

ミラジーノO2センサ交換

気に入って長いこと使用している代車の
ミラジーノ。

最近エンジンチェックランプが着いたり消えたりしてました。

整備工場の代車がエンジンチェックランプが着きっぱなしは
格好悪いので、修理をすることに。。。。

診断機を車両につなぎ、ダイアグコードを呼び出すと、
O2センサーヒータ線断線。と出ます。

センサー自体というより、センサー自体を温めるコイルが悪いだけ。。。
と言ってもO2センサーの中についてるものなので、交換!!!

チェックランプが消えるだけで、調子は変わらないだろうと思ってたのですが、
交換すると、エンジンの調子が全然違う!!!!

アイドリングでエンジンの振動が減り、静かになった!!!

走りも滑らかに走る!!!
イメージとして、エンジン自体がザラザラしてぼろくなってきた感じがあったのが、
滑らかツルツルになった感じ!!

買った時から、アイドリングの振動で、ハンドル周りがガタガタうるさかったのが、
全くならない。今までで一番調子が良い!!!

O2センサー (AFセンサー) 車種、メーカーによって値段はマチマチですが、
8000円位から3万円台まです。
働きは、排気ガス中のO2に科学反応し、発電を繰り返し、その電圧の変化を
ECUに入力する。 なので、燃料の噴射量に関係してくるセンサーなのです。。。

何となくエンジンの調子が悪い方は交換してみるのも面白いのではないかなと。。。。

注意として、ネットなどで売られている、ノーブランドの社外品は
やめておいた方が良いです。。。。
エンストや不調の原因になりやすいので!!!  

Posted by 阪下自動車 at 12:00Comments(0)修理、整備

2017年06月06日

プロシード!買って下さい!!!

ずいぶん昔からお付き合いさせて頂いてる方から
買取させて頂いた、プロシード!
外装はやれた感じが最高に格好いいんです!!

今の日本車ではとても作れないこの武骨な感じ。
エンジンが辛うじて電子制御って位で、
他は何もついてません。
ABSもエアバックも。もちろんトラクションコントロールなんでありません!!
なので、車(プロシード)と仲良くならないと、
色んな情報が感じ取れません。。。。
ゴルフ2とかと同じような感じで
車に乗ってる!って感じが半端なく感じられる
良い車です!!!

問題もチラホラとありました。。。。

まず、ブレーキの効きが甘い。
ブレーキングで前のめりになるような感じでブレーキが利く。
サイドブレーキは引き代の割には効かない。
これは後ろドラムブレーキに問題があるぞ。と
思いブレーキドラムをはぐると、ポロポロと部品が落ちてきました。。。。
これはちょっとやばい。。。。
早速部品を注文!まだ生産されてました。。。
ブレーキを正確に組み付け、調整すると、ピタッといい感じでとまります!!!

次はエンジン。
アイドリングで1000rpmを超えて、時々ハンチングを起こしてました。。。

これも、20年以上は交換してないであろう、O2センサーを変えてみました!


するとアイドリングは800rpmまで下がりました!!!
ハンチングも収まりました!

ついでに加速時にノッキングを起こしていたので、ディストリビューターを確認すると、
進角の方に目いっぱい調整されていたので、エンジン音を聞きながら、
程よい位置に調整!

ついでにエンジンオイルはガルフの15W-40と固めに変更!

かなり静かで、ザラザラしてない滑らかな感じのエンジンになりました。
少しパワーが落ちたような気がしますが、運転しやすくなりました。

平成6年式15万キロ。
外装はそれなりにくたびれてますが、足回り、エンジンまだまだ調子良いです。
エアコンもばっちり効いてます。

どなたか買ってください!!!
4人乗りです。
もうほとんど現存してないので、町で同じ車にあう可能性は
極めて低いです。
他人と被りたくなく、ピックアップトラックを
お探しの方是非どうぞ!!!!



最近ちょっと調子の悪いエンジンのO2センサーの交換が面白くて
はまりそうです。。。
あの人のネイキッドのO2センサーを交換してみたい!とか
頭の中で、数人のお客様の顔が浮かびます。。。。
今度お勧めしよ!!

阪下自動車 
092-551-5770

  

Posted by 阪下自動車 at 00:54Comments(0)修理、整備

2017年04月15日

GZ20ソアラ タイミングベルト、エンジン不調

エンジンの方は、30年一度も交換していないタイミングベルトの交換!
とエンジン不調。。。
アイドリングが安定しない。。。
ボディーに傷を入れないように保護シートをぐるっと巻きました。。。



30年も経過すると、樹脂パーツはバキバキになってるはずと思い、
エアツールは使わずに手の感覚を大事にしながら、部品の取り外し!
が。。。。。
2万キロしか走って無いので、熱により劣化が見受けられず、
30年前のパーツとは思えないほど、しっかりしている。
分解し易い!!!!

でも、ラジエターを外すと白く濁った澱がドロっと出てきました。
ラジエター屋さんにラジエターの状態確認と
オーバーホールの依頼。
結果は、内部に詰まりがあるので、洗浄とアッパータンク
パッキン、カシメの交換を行ってもらいました。

外ベルトのかかるプーリーは全て錆が酷く、
特にエンジンの下側にあるプーリー。
外ベルトの異常摩耗を招いている。
メインのクランクプーリーは生産終了。。。。
ワイヤーブラして磨いてみても、時間が掛るばかりで、
前に進まない。。。。



こんな時は、ターボの修理でお世話になってる
ドリームガレージの飛田社長に電話。

一つ返事で、「サンドブラスト使っていいよ!」と
快い返事を頂いたので、遠慮なく、速攻で行きました!!!


自分でブラスト作業しましたが、初めての事なので、
自分が思ってるほど簡単ではなく、ちょっと苦戦しましたが、
錆一つないきれいなプーリーになりました!!!


サンドブラストは、エアの力で、高速で専用の砂を
対象物にぶつけて表面の錆や塗装、汚れなどを落とす
装置。


綺麗になったプーリーを持ち帰りながら、
いろんな人、いろんな技術、工具が無いと、
修理ができないんだな~。
そして助けていただける方が近くにいて
幸せだあ~。と。
何でも自分のところで出来るようになりたいけど、
まだまだ、工具も技術もない。

工具をもってないと、経験が無いので、その作業が出来ない。
もっともっといろんな工具が欲しい。。。。
う~ん。欲しい!!!!

工場に戻り、錆止め用にプーリーを塗装!

タイミングベルト ウォーターポンプなどを組み付け

今度はエンジン不調の修理!
経験上、何処かのバキュームホースが破れてるはず!
と目につく細いバキュームホースを取り換えていくけど、
ホース自体に弾性もあり、当たりをまだ引けてないな。。。
と思いながらも、作業を進めていると、見つけました!!!!
サージタンクから、チャコールキャニスタに行ってるホースの一部にテープが
巻いてある!!!
外してみると!小さな穴!!!
見つけた喜びは大きかった~。

ピカピカになって戻ってきたラジエターまわり組み上げて
エンジン終了!!
って思ったけど、スパークプラグも怪しい。。。。
白金プラグは10万キロ使える物。
おそらく一度も変えてないはず。。。。
でもさすがに30年はさすがに長い。。。。

外してるとわかるんです。手の感覚で。。。。
イヤーな感じに緩んでくるんです。
長いこと外したことが無いプラグ。。。。

エンジン回りの作業をすべて終えて、エンジンを掛けると、
全然違う! 
アイドリングも安定してるし、吹け上がりも、トルクが上がったて感じの
音がします!!!
チタニックのオイルはちょっと固めの10W-40
オイルが良いのか、ターボもキュンキュン効いてる!

試運転してみると、もう笑うぐらい、いい感じ!!!
以前はターボが効きだすまで、低速はスカスカだったけど、
低速から結構走る!
ターボが効きだすとグイグイ走る!!
本来のエンジンの状態に近くなったかな?

残りはATのオイルパンよりオイル漏れ!
オイルパンを外す前に、トルコン太郎でしっかりクリーニング!
結構黒く汚れてます。
30年経つとオイルパンの液体シールパッキンも縮み上がり弾性を失ってました。。。
内部の鉄粉は走行距離が少ないので少ない!
30年まともに交換してないATF.
仕上げはマイスターGXとSOD-1!

過去の記録簿を見てもブレーキのマスターシリンダの
オーバーホール歴は無かったのでマスターシリンダもオバーホール。

ここまですべての油脂類を交換したのに
デフオイルと、パワステオイルを交換してないのも
気持ち悪いので交換!
デフオイルは ワコーズ DF95
パワステオイルはフックスのチタン入りオイルとSOD-1!

全ての作業が終わり
試運転!!

こんなに甦るとは。。。。。
作業した自分がびっくり。。。。

まだ、課題はありますが、安心して乗れるレベルにはなりました!

ありがとうございました!!!!

  

Posted by 阪下自動車 at 08:45Comments(0)修理、整備

2017年04月14日

GZ20 ソアラ マフラー修理

お預かりしたのは1月末でした。
お父様の形見のソアラを納屋に保管。
時々はエンジンを掛け、ディーラーで車検を通してきたと言う、
非常に大切にされてきた20ソアラ。
ちょうど30年経過してます!
でも走行距離は2万500KM!!!
そしてフルノーマル!!!
オーディオがナビに変越されてるのみ。。。。



ソアラを引き継いだ2代目がこれから乗る!との事で
遠い所からご来店いただきました。

来ていただいたときは、マフラーは破れ、エンジン不調、
足回りは、ギコギコ異音発生。

ボディー下回りともに腐食無!!!

大事に保管されていても、経年劣化、湿気による錆は見受けられますが、
極上のソアラ!!!

安心して乗れるように!との事です。
時間もゆっくりでかつ、予算よりソアラの状態をよくする方に
重きを置いて良い!との事。

まずはしっかり試運転です。
最初に問題点を把握しておかないと、
方向性が間違った方向に向いてしますと、
迷走してしまう。。。。

試運転をしてると、ショックの動きが良くなったのか、
ギコギコ音があまり気にならないレベルまで静かになりました。
ショックアブソーバーの交換は高額になるので、
最終的に交換するか、判断しようと保留。
代わりに、前後のスタビブッシュとスタビリンクの交換。

マフラーの破れが酷く、ディーラーでリヤマフラーは
パテもりもりで修理されてました。。。。
古い車両はマフラーの材質が今より良くないため、
物凄く錆びやすい!のです。。。。


パテで修理できる範囲を大きく超えているので、
溶接修理です!!
パイプの小さな穴は自分で埋めれましたが、
太鼓部は腐りが酷いので、切り取ってみたら、
下半分切り取ることに。。。。。


鉄板をぐるっと巻き直せば修理できるのですが、
自分にはそんなに溶接の技術が無い。。。。
残念ながら無い。。。。。

そんな悩みを抱えながら、藤野自動車の藤野社長に
マフラーの修理業者を教えてもらおう!って電話すると、
2~30年前はよくそんな修理してたよ~。って事で、
修理していただけるとの事で、マフラーを外して持ち込みさせて頂きました。
一週間後綺麗になったマフラーが戻ってきました!
自分が気が付かなかった腐食の部分も溶接して頂きました。

  

Posted by 阪下自動車 at 08:56Comments(0)修理、整備

2017年03月24日

ファンカーゴ エンジン不調?

平成11年式 NCP20 走行161000km ファンカーゴ
母の車で、買い替えを勧めたけれど、
まだこれに乗る!との事で、車検時にチョコチョコと整備はしてたのですが、
エンジンが掛からなくなった!と電話。

そうこうしてたらエンジンは普通に掛かるようになった。と。。。。

ん。。。

勘違いなんじゃない?
なんて少し思ったりしたのですが、来てもらいました。

走ってきて車の調子はどう?と聞いても
別に普通との事。

エンジンが掛からないとは直接関係あるかは微妙な所だけど、
走行距離から考えて、イグニッションコイルは劣化してるはず!
まずは目視点検!

ヒビが入ってる。。。。それも4本とも。。。
交換です。。。

イグニッションアナライザーで数値で交換前後の比較。
(数値に基準が無いので良否の判定には難しいんですが。。。)

ピーク電圧が上がり、スパークを飛ばしている時間が短くなった!!!
これは強い火花を短時間で作れる元気なイグニッションコイルの証拠!!!
数値で見比べれるって素敵な測定器。
カナダ製です。

10万キロを超えたら全部の車両のを交換したい。。。。
でも1本1万円前後。。。
高いので壊れるまで交換を勧めた事は無いんです。。。。。

数日後母に様子伺いをすると、車が軽くなった感じがする!
と結構良いリアクション頂きました!!

  

Posted by 阪下自動車 at 20:50Comments(0)修理、整備

2017年02月22日

ゴルフ4GTIにビルシュタイン!


 車高調取り付けでご入庫です。

T様の最初の来店持ち込みタイヤの取り付けからで、
少しずつ純正より高性能なブレーキローターやブレーキパッドを取り付けで
少しずつ車の変化を味わってられる車好きな方です。、
車両自体は安価で購入したからその分良い部品を取り付けたい!
と嬉しい事をおっしゃってくれる貴重な方です。

そしてとうとう一番気になっていた足回りの交換です!
元々純正ショックにダウンサスが入っている状態でした。

ショックは完全に抜けて機能せず、
スプリングの張力で、ぶわんぶわんした乗り心地。。。
GTIの良さは完全に殺されてる状態でした。。。。

そこで車高調キットの取り付けとなったのですが、
候補は、KW、ST ビルシュタインでしたが、
ビルシュタインに決定!!!

が国内に部品が無く、本国(ドイツに発注)手配
納期約2か月。。。。待ち長かった。。。。

そして今日ようやく交換が終わりました。
もうの乗り味は別の車!!!
カチッと路面をとらえてシュッと走ります。
かなり気持ちい車に生まれ変わりました!!!

外した純正ショックは、力を入れ無くて手を乗せるだけで
沈んで行くほどヘタってました。

楽しい車って、楽しい!!!
楽しい仕事ありがとうござました!!!!  

Posted by 阪下自動車 at 18:58Comments(0)修理、整備

2016年12月15日

ジムニーちょこっと整備

先日、持ち込みのタイヤ交換で来店のN様
タイヤ交換の作業が終わり、少しお話させてもらいました。

そしてちょっと強引にイグニッションレジスターの交換をお勧め。
それならば試してみましょ!っとオーダー頂きました。

エンジンルームを覗いてみると、インテークのホースに破れが
あったので一緒に交換すると、打ち合わせ。

N様がヘッドライトも綺麗になりませんか?との事だったので、
部品が届いたら一緒に作業しましょう!って事になりました。

昨日、部品の交換をサクッと終わらせ、
ヘッドライトの黄ばみ取りです。
最初はこんな状態



これを最近購入した研磨機を使って800番→1200番→2000番で磨きました。
ペーパーで磨いただけの状態


くすんではいますが、表面のコートを綺麗に剥ぎ取ることが出来ました。
ここからポリッシャーを使って細めのコンパウンドで磨きます!

その後、これまた最近仕入れた、ヘッドライトのコーティング剤をたっぷり塗り込みます。
このコート剤は、傷を埋めて平らにすると言う代物。



自分で言うのもなんですが、綺麗に磨けたな~!
と満足な仕上がりでした。  


Posted by 阪下自動車 at 13:33Comments(0)修理、整備

2016年12月09日

JA11Vジムニー不調

先月ですが、土曜日のお昼前に女性のお客様が、
JA11のジムニーのターボを交換できますか?とご来店。

ん???ピンポイントで部品の交換を依頼されるとは
中々無い事なので、お話を伺うと、

発進時に力が無く、エンジンからも異音がするとの
事で、事前に別の工場で見積もりを貰ってきた。との事。

参考までに見せてもらえますか?と尋ねると、

ビックリしました。リビルトエンジン載せ替えの見積もりかと
思って何度もみましたが、確かにターボの交換のみの
見積もりでした。。。。
30万円超えてるし。。。。。
新品のターボって約26万円。。。。高い!!!!!

リビルト(再生)部品を使うと全然価格は違いますよ。
と、お伝えすると、それならお願いします!とご依頼頂きました。

でも本当にターボだけが悪いのか?
エンジン自体の圧縮があるかを先に点検しないと、
交換しても無意味になるので、その場で、インタークーラーなどを
外して点検。
1番から3番まで問題無く約10kの圧縮が出てます。

エンジン自体には問題は無いようです。

更にお話を伺うと、エンジンオイルの減りが速いので、
別の工場のオイル会員になってるのでオイル交換、補充は
いつでもできるようにしてます。との事。
「お使いになってるオイルの粘度はわかりますか?」とお訊ねすると、
5W-30.との事。

軟すぎます。。。。車に合ったオイルを入れないと車の性能がイマイチです。。。

そして部品をそろえて作業開始!!!
ご予算に余裕があったので、
エキゾーストマニホールドも軽自動車はよく割れるので、
一緒に交換しましょう!としてたんです。
音が変って所が少し引っかかってたので。

外してみて、正解!!!
ビッと亀裂が入ってます!!!
排気漏れしてました。




外したターボもIN側のフィンはオイルでべったりです。。
オイル消費の原因はターボでした。


ブローバイホースがかちこちだったので一緒に交換しました。
交換して正解です。
中スラッジがボロボロ出てきます。。。

タペットカバーも外して中のカーボンを除去し、
デスビよりオイル漏れしてたので、Oリングを変えて、点火時期も調整!
エンジンオイルはチタニックの10W-40。

全てを組み上げエンジンを掛けると、
以前とは全然違う、ターボが元気に効いてる
ヒューンヒューンって音がします!!!

イイ感じです!!!

そして試運転してみると、あれ????
走らない。。。。出足が物凄く悪い。。。。
ん。。。。。なんでだ????

色々試して気が付きました。。。。
ATのシフトをDに入れて発車すると、2速か3速で
力なく発車してる。

ATのシフトを1に入れると、グイッと走ります!!
ATの作動不良の様です。。。。

色々調べてみると、ジムニーのATではよくあるトラブルの様で、
ATのコントロールユニットの不良の様です。。。。

コントロールユニットを外して、蓋を開けて中を見ると、
コンデンサーから液が漏れて、基盤などが黒く酸化してる。。。

何とか安く仕上げようと、電子部品屋でコンデンサー類を買って
コンデンサーを入れ替えて、早速試乗!!!

残念ながら変化なし。。。。

もちは餅屋!って事で専門の業者に修理を依頼!

修理が上がってきたユニットを取り付けると、
もう快調!!!
まだ後10年乗れるかな?

マフラーが錆びて千切れかけてたので、下手ですが、
溶接して作業完了!!!

年数の経った古い車は色んな事があるけど、
ジムニーは情報量が豊富で、助かります!!!!

古い車を大事に乗ってる方って格好イイと思います。
性能も良くないし、壊れるし、税金高いし、
でも好き!って気持ちを大事にしてるとこがイイと
思います!
自分の分身と言うか、体の一部と言うかそんな
車に出会えた人は凄く幸せだな。と。

  

Posted by 阪下自動車 at 12:45Comments(3)修理、整備

2016年11月28日

ボンゴのスロットルバルブ


車検でお預かりしたボンゴバンのエンジンの調子がよろしくないなー。ってスロットルバルブをのぞいて見たら、物凄い状態。。。
インマニの奥までびっしりのカーボン。

時間も無かったので、スロットルバルブのみ清掃!

エンジンの吹け上がりが良くなって、カラカラ音が消えました!  

Posted by 阪下自動車 at 19:48Comments(0)修理、整備

2016年11月17日

PASSOのハブベアリング交換

異音がするとの事で入庫のパッソ。
試運転すると、色んな所から色んな音がしてる。。。。

ゴーって音や、

うぉーんって音や、

ガタガタって音。

う~ん。パッソで
色んな音がし易い車両です。。。

ゴーって音が一番大きいのでまずこれだけ直しましょう!
って事で作業開始!

原因は右前のハブベアリングからの異音。

ベアリングを交換しようとハブを外して
プレス機でベアリングを打ち抜こうにも、
どう考えても、プレス機に収まらない。。。。
無理をしてハブ自体を壊したら元も子もないので
一度撤収。。。。

そしてようやく決心しました。
ハスコ―から出てる、ハブベアリングを脱着する特殊工具
の購入。
今まで、不便ではあったのですが、何とか、知恵の輪状態で
プレス機でベアリング交換してたのですが、
作業の安全性は乏しく、
かつ失敗する確率も高かった。。。。

それならサッサと買えばイイのですが、
出番が少ない割には工具としては超高級品なんです。。。。

注文して2日ほどで工具が到着!!!

早速使ってみると、初めてだったのでセッティングに時間は
掛かりましたが、安全に確実な作業が行えました!!!
この工具を開発した人の心意気を感じる工具です!!!


無事に作業が終わり、試運転すると、一番耳障りなゴーと言う音は消えてました!!

うぉ-ん音はデフの唸り音。

ガタガタ音は、ステアリングラックアンドピニオンのガタ(持病ですね。。。。)

ひとまず安全性には関係しない程度なのでこれで様子を見てもらうしかないです。。。  

Posted by 阪下自動車 at 12:45Comments(0)修理、整備

2016年11月16日

エルフ ブレーキ修理

走行83万キロのエルフ。

ブレーキから異音がするとの事で入庫。

外してみると、左前のブレーキキャリパのスライドピンが錆で固着で、
ブレーキが引きずり状態。。。。。

パッドも内側が無くなり、ローターの厚みも半分ぐらいに減ってる。。。。

乗用車でも時々ある修理ですが、トラックは初めてでした。
作業自体は順調だったのですが、部品代が乗用車の4倍位。。。。

トラックって頑丈に作ってあるだけに部品も高い!!!

  

Posted by 阪下自動車 at 22:08Comments(0)修理、整備

2016年10月04日

ジムニー仕入れましたが。。。。

好きな車って色々ありますが、軽自動車で好きなのはコペンとジムニー!
ジムニーはどの型を見ても格好イイ!って思ってます。

そんなところに、ジムニーにしては相場より安い買い取りのお話が、
あったので、見もせずに購入!

が。。。。。
エンジンは吹け上がらない。加速しない。。。。
足回りは4輪中3輪デフオイル漏れ。。。。
リヤのハブベアリングはゴーゴー異音。。。。
ブレーキの効きも悪い。。。。
ハンドルも違和感がある。。。。。

中々の代物を購入してしまった。。。。
安いには訳があるんですね。。。。。。

でも、好きな車なので復活!させようと作業開始!!!
あちこち触れるチャンス!と前向きに捕えよう。。。

まずはエンジンの圧縮を測定!
(先にこれを確認しておかないと、後で大失敗の元になるので。)
意外と?3気筒とも9.5kと悪くない。バラツキも無く良好と判断。

若干の白煙もはいていたので、ターボを外して観察。


IN側はフィンにオイルが多少付着していたので、ここから、オイルが
燃焼室に入ってオイル消費、白煙の原因になるので、
ピカピカのリビルト品のターボを注文!

続いてフロントのハブベアリングとキングピンベアリングの状態を確認する為に分解!
初めてしました。。。思っていた以上に分解は簡単!
(組み付けはこれからなので、簡単に組み付けれルカは不安ですが。)
部品商に分解図を送ってもらって交換必要な物を先に注文しようとしたのですが、
図からは、どれが再使用不可なのかわからないので、先に分解してみました。


ハブベアリングから異音は出てませんでしたが、触った感じユルユルたっだので交換です。
キングピンのベアリングはゴロゴロです。交換です。


リヤのハブベアリングを外すにはバックプレートについているブレーキを分解する必要がありました。
みてみると、デフオイルでびっしょり、艶々です。シューも交換です。

ドライブシャフトに圧入されてるベアリング類をサンダーで切る作業が大変なだけで、
比較的難易度は低い作業です!(まだ終わってませんが。。。)

ついでにリヤブレーキシリンダをオーバーホール。
シールが小さくなってます。


右が交換前、左が交換後です。
ハリが違います!
ブレーキも効きそうです!

早く組み上げて、試運転が楽しみです!!!  

Posted by 阪下自動車 at 09:59Comments(0)修理、整備

2016年08月27日

イームスの椅子

馴染みのお客様からの依頼で、
「全然たいしたことない椅子の修理お願いします。」と。
ん???椅子????

揺り椅子の鉄のフレームと座面を固定をするステーの溶接が
割れて、外れてました。。。

確かにTIG溶接機は持ってますが、溶接は超ヘタ。。。。

そのままお客様に伝えると、「ダメだった場合は捨てますんで!」
と気軽に言われてたので、それならば!とお預かり。

いざ修理しようと座面をひっくり返してみると、1956年製のアンティークな椅子です。
本物の様です。。。

気軽にできる代物ではない事だけは確か。。。

そんな時に、なんでも出来るT君が遊びに来たので、一緒に溶接修理。

思いのほか、上手に、がっちりと溶接できました!

そして、各部のネジの増し締めして終了!!!!

今まで、ちょっと変わった物も修理頼まれましたが、椅子の修理を
頼まれることがあるとは。。。。



  

Posted by 阪下自動車 at 13:16Comments(0)修理、整備

2016年07月01日

JB23ジムニーにモンスター!

以前から、入庫して頂いているH様のJB23のジムニー。
以前から、ずっと気になっていた足回りの交換です!!

ショックが完全に抜けていいて、ブワンブワンな乗り心地で、
交差点でもグニャーとなるので、減速を結構しないと怖かった。。。

今回のサスキットは、H様のチョイスで、モンスター(スズキのチューナー)
のショック+スプリングのセット。2cm車高が上がります!

ついでに?足回りのブッシュ類の交換とエンジンマウントの交換もです。



ショックトスプリングの交換はサクッと完了!


フロントスタビライザーのリンクとブッシュも交換


そして前後のアームのブッシュ交換!!

プレスと治具を使いブッシュの打ち変え!!!(それなりに大変です。。。)


足回りを組み付けたら、エンジンマウントの交換です!!
エンジンマウントはヘタって位置が下がってました。
ミッションマウントも交換して、
完成です!!!!

エンジンを掛けると、アイドリングで全くエンジンが振れずにピッタとしています。
試乗をすると、エンジンマウントを交換した効果で、
出足が良い!!!

ショック+スプリングも硬すぎず軟すぎず、ピシッとしてます。
街乗りには程よい!!!

足回りを大リフレッシュでした。

H様も引き取りにこられ、お帰りになる時、3m位出たところで、
「全然違うよ!!!」と
嬉しい驚きを頂きました。

長く、大事に乗れる車とオーナー。
イイ感じです!
  

Posted by 阪下自動車 at 17:26Comments(0)修理、整備

2016年06月08日

15クラウンタイミングベルト交換

車検で入庫の15系クラウン。走行108000km。

車検とタイミングベルト交換です。

お車を引き取り、工場まで試乗しながら帰っていると、
普通の車とは全然違うアクセルの感じ。

アクセルを離しても、エンジン回転が中々下がらず、
ずーっと一定の速度で走る。。。

ん???
オートクルーズ機能が付いてるのか?と
思ってレバーを探してみたけど、付いては無い。。。。

スロットルバルブの清掃とRECSとオイル交換で改善するかな~。
とか思いながら工場へ。

タイミングベルトの交換があるので、インテークのパイプを外して
スロットルバルブを覗くと、カーボンがベットリ。。。
スロットルバルブを清掃し、RECSも施工。
排気ガスは物凄い匂いがします。。。。

エンジンオイルは2年間無交換。
ドレーンから抜くと、ドロドロのオイルがつつつーと出てきます。

恐らくエンジンの回転が落ちないのはエンジンオイルが原因だったようです。。。。

それからタイミングベルトの交換です!!
この車両はラジエターを外してしまえば、作業スペースも充分にあるので
比較的簡単なはずだったのですが。。。。。
唯一問題はクランクボルトが異常に締まっていること。

昼の2時からこのクランクボルト1本を外すのに悪戦苦闘。。。。。
手元にある工具を色々試すも全く緩まない。。。。

縦型インパクトを借りてきても全く緩まない。。。。

最終手段でトラック用のインパクトで外そうと、
コンデンサー、グリル、バンパーまで外して、
トラック用のインパクトで作業をすると、
一瞬でソケットが真っ二つ。。。。



既に夜9時。。。。
スナップオンの松本さんに22ミリのインパクト用のソケットを頼むと、
トヨタのタイミングベルトやってるでしょ!って言われ、
流石、プロの工具屋さんは何でも知ってる。。。と変な感心をしてると、
確実に緩めれる工具があるので、持っていきますね!と。

10時くらいに松本さん到着。
手には想像してたものよりかなり大きな工具!!!


このチェーンが付いている工具でクランクプーリーをがっちり固定!

そして、大きなハンドルでぐっと緩めるだけ。。。

至ってシンプルな方法。

アッいう間に簡単に外れました。。。。。
この数時間はいったいなんだったのだろう???と。。。。

色んな便利な工具がある物だと。。。。
この日は、ここで力尽き終了。。。

翌日カバーを開けて見ると、小ヒビは入っているものの意外とまだ行けそうなタイミングベルト。
そしていろんなところからオイル漏れ。。。。
シールや、ガスケットの交換をして、作業完了!!!

試運転してみると、普通の車に戻ってました!!!







  

Posted by 阪下自動車 at 12:51Comments(0)修理、整備

2016年04月28日

ジムニー ファイターエンジニアリング

JA11ジムニー。
ターボからのオイル漏れで入庫。
ターボをリビルトに変えてしばらくそうこうしていると、
白煙を吐くようになってきたので、
エンジンの圧縮を測ってみると、全気筒ともに7キロしかありません。。。
圧縮が足りません。。。
白煙の状態からすると、オイル上がりの様です。。。

リビルトエンジンに載せ替えで決定したのですが、
すこしでも良い状態のエンジンを探していると、
直ぐに発見しました!!!
ファイターエンジニアリングのリビルトエンジン。
エンジン内部の部品の重量合わせや、ポート研磨や
その他諸々の技が効いてるエンジンです!

注文してから約1か月。
やっとエンジンが到着!!



古いエンジンを笑顔で抜き取る大ちゃん。。。。
車体から大物を外した時はやった感があります!

そしてエンジンを載せ替えて試乗!

ただ2000kmまで馴らし運転が必要で4000rpm位までしか踏み込めません。
ファイターエンジニアリングから、エンジンと一緒に送られてきた紙には、
エンジンを育てましょう!とありました。

その旨、I様にお伝えして納車です。

その後エンジンの感想を伺うと、まだ踏み込めないけど、低速から走りが全く違う!!
もう全然別の車みたいと大絶賛でした。

エンジンを作り込める職人って凄いな!
とプロの仕事に感心しました。

  

Posted by 阪下自動車 at 12:50Comments(0)修理、整備

2016年04月28日

ネイキッドオイル漏れ修理

D様のダイハツ ネイキッドがオイル漏れで入庫です。

そして、オイル漏れしている箇所は、エンジンのリヤクランクシール。。。
これは、ATを降ろさないと交換できないオイルシール。。。。
オイル漏れだけでする作業では勿体無い。。。
そしてネイキッドはATだけを取り外すことが出来ないんです。
メンバーから、エンジンまで一緒に取り外す必要があります。。。

エンジンまで降ろすんだったらその時に出来る限りの作業を
しましょうと。

タイミングベルト+ウォーターポンプ+電動ファンモーター
ATのオイルストレーナー、ラジエター、エンジンマウント
その他諸々の大工事です。

暫くはこんな感じにバラバラでした。
様子を見に来たD様、この有様をみて唖然とされてました。。。。

そしてすべてを組み上げて、試運転すると、
速い!!!アクセルを踏み込まなくてもスイスイ走ります。
軽とは思えないほどの走りです!!!
1000ccクラスのくるまより確実に速い!!

ここまでの作業を任して頂いてD様には本当に感謝です。
作業を全て行った大ちゃん、おかげでまたいい経験を積むことが出来ました。
ありがとうございました!!
  

Posted by 阪下自動車 at 09:50Comments(0)修理、整備

2016年04月27日

ベンツGクラス バンパーフェンダ交換

Gクラスの3Lディーゼルのほぼ最新の車両です。
僕には超高級すぎてとても遊べない車ですが、
K様は違います。。。
リヤのバンパーをぶつけたから、バンパーの交換をお願い!との事です。

リヤバンパー良い感じに割れてます。。。。
入庫予定日が近づくと、続々と部品が届きます。

丁度、中古で黒のバンパーがあったから、ついでに黒のオーバーフェンダーも
付けといて!との事。。。

ん???前のバンパーは白のままでいいのだろうか????
と疑念を抱きつつ作業開始!

簡単な作りの割には、簡単な作業では無く時間のかかる作業でした。


そして完成です!!


あれ???
終わってみると、色の違いが気になりません。。。。
ゲレンデって懐が深い車だなと感心した日でした。。。
昔からずっと続いているデザインって人を引き付ける何かがあるんだろうな~。


  

Posted by 阪下自動車 at 19:29Comments(0)修理、整備

2015年12月05日

78プラド

自分が独立して初めて販売した1台!
個人的にも思い入れのある78プラドが、
乗り替えの為、買い取りしました。

最初はエアコンが壊れて、異音が出てたので
エアコンの修理の見積もりをして、検討します!
って事で話は終わり、その後すぐにカリフォルニアまで
サーフィンに行ってきます!って事だったので、
戻ってきてからやね!と。

数週間後新しいサーフボードを積んだプラドでOさんが来店。
エアコンだけじゃなく、今度は燃料漏れ。。。。。
残念な事に燃料噴射ポンプよりの激しい漏れ。。。。。
結構激しい出費(20万円近く)になりますよ。
ここでお金を掛けると、もう後戻りはできなくなるので、
買い換えるなら今が最後のタイミングですよ。
とお伝えすると、

かなり悩まれた末、燃費が良くてボードが積めるプリウスに買い替えです。
気に入ってる車を手放すのは勇気が要ります。。。。

そしてプラドを買取させていただきました。

直ぐに、エアコンの修理と、燃料噴射ポンプのオーバーホールを
行い、燃圧が正常に戻ったのですこぶる調子が良い!!!!

そして、ATFもバーダルのフラッシング剤を使い
新型トルコン太郎で綺麗に交換!!!!
オートマの調子も良くいい感じでした。。。。。





数週間すると、エンジンを掛ける時に嫌な感じの引っ掛かりを感じ、
白煙を吐くように。。。。
ん????
まさかそんな訳は無い!!!と思いながらラジエターのキャップを
開けてエンジンを掛けると、物凄い吹き替えし!!!(ラジエターキャップの
所から、排ガスが出てきてる状態)

ああああ、残念。。。。ヘッドガスケットもしくはヘッドが悪い。。。。
で先ほどシリンダヘッドを外しました!!


どれどれと見てみると、3番シリンダに水が浸入。。。
ガスケットには亀裂や破れが見受けられない。。。。
もしかしてと思ってヘッドをひっくり返してみると、
残念!!!ひび割れ多数です。。。。。

ここまで来ると潔くて気持ちいです。
シリンダヘッド新品に交換です!!!
ついでにターボもラジエターも交換もしくはオーバーホールしよ。

でもあの時、Oさんに買い替えを勧めて本当に良かった。
こんなに後から後から不具合が発生してたら目も当てられない。。。。

でも22年で21万キロ、この修理をすれば40万キロ位まで乗れるはず!!!
まだまだ元気に走ります!!!

月曜日シリンダヘッドの手配しなければ。。。。。



  

Posted by 阪下自動車 at 20:46Comments(0)修理、整備

2015年09月15日

BMW320Iエンジン不調

エンジンチェックランプ点灯とエンストする症状で入庫のBMW320I 走行約10万キロ。


まずはスナップオンの診断機でダイアグの点検!!

カムシャフトのポジションセンサーの異常と、
燃料が薄いと計6個のエラーコードを拾ってます。

何度エラーコードを消してもカムポジションセンサーはエラーを拾うので交換!

他は
BMW特有の装置!サイクロンセパレーターと、ホース類の交換!
サイクロンセパレーターは前回X3での交換作業を経験済みなので
何処をどういう風に外せば取れるかを覚えているので、
スムーズに交換作業が出来ました!!

しかし、本体が、インマニの内側で、スロットルバルブの奥側にあるので
外しにくいと言えば外しにくい。。。。



サイクロンセパレーターは簡単に言うと、ブローバイガスに含まれている、
エンジンオイルを遠心力で分離し、オイルをオイルパンへ、ガスは
インマニへ!わける装置。
これが壊れると、エンジン内部にオイルが多量に行くので、白煙をモコモコとオイル消費の車両になったり、
オイルパンへ戻すホースが腐って千切れると、オイル漏れの原因になったり、
ホースが破れると、2次空気を吸い込みエンジン不調!
と色々起こりそうな部品です。

この車両は他にもインテークのダクトも破れ(恐らくエンストの原因)
オイルを戻すホースが破れエンジンオイル漏れ。。。
オイルも結構減っていたので、チタニックオイルで交換。
スロットルバルブ、アイドルスタビも洗浄!!

元があまり良くなかっただけに、
作業後はトルクが太くなりグイグイ走ってます!!!

最後に診断機でエラーコードが出て無いかをチェックして
作業完了!!!!



  

Posted by 阪下自動車 at 14:01Comments(0)修理、整備

2015年08月22日

ライフエンジン不調

エンジンぶるぶる震えて、力も無く、音も変!って事でJB1のライフを
お客様のお父さんが持って来られました。
タクシーのドライバーのお父さん。
イグニッションコイルがダメなような気がする。と。
それと、走行中はA/Cは効くけど、信号待ちだと効かないとの事です。

先入観を持たずに!って訳にもいかず、イグニッションコイルをパワーバランスで点検すると、
3番のイグニッションコイルのパンクでした。
流石プロドライバー!!!

それと、プラグホールがオイルに漬かってます。

オイル漏れの修理も必要です。

タペットカバーパッキンを交換しようと、カバーを外すとエンジンの
中は、カーボンがびっしりと堆積。


オイルのメンテナンスが悪すぎです。
購入して1年程との事なので、
以前からの産物です。

(中古車を買うときは、エンジンオイルのフィラキャップを開けて、
エンジンの中を覗いてみてください。黒いカーボンが付着してるようでしたら、
危険信号です。。。)

パッキンを変えて、プラグとイグニッションコイルを全数交換して、エアエレメントも
オイルでびっしり汚れていたので交換して走ってみると、ボチボチ快調です。

オイル交換もして、もう少し良くなりました。

キュルキュル音がしていたので、Vベルトも交換です。
もうボロボロで、千切れる一歩手前でした。

エアコンもエンジンの回転数が上がったので、コンプレッサーが入るようになり、
きちんと冷えだしました。

ひとまず、作業完了です。

お客様には3000キロ毎にオイル交換をお勧めしました。

う~ん。
安い車を仕入れて、安く中古車を販売するは別に良い事だと思うけど、
う~ん。。。。
  

Posted by 阪下自動車 at 19:26Comments(0)修理、整備

2015年07月29日

プレオ、ドライブシャフトブーツ交換

エンジンオイル交換で入庫のプレオ。

阪下自動車では5000km毎のオイル交換をお勧めしてるのですが、
前回交換から13000kmも走行してます。

恐る恐るエンジンオイルの量をチェックしてみると、
意外と減ってません!!!

意外と?良いオイルなのかもしれません。
ワコーズEXクルーズ!

とまあオイルの事は良いのですが、
リフトで上げてみると、ドライブシャフトブーツの外側が左右破れてる。。。。

お客様に交差点などを曲がるときにカリカリ音は出てないですか?と尋ねると、
音は何も出てないです。との事。

これで音が出てたら、ドライブシャフトの交換でしたが、今回は出てないとの事なので
ブーツの交換とグリスの交換です。

ドライブシャフトブーツには大きく分けて2種類あります。
分割タイプで、何も分解せずにパカッとブーツだけを変えれる
通称パカパカ。と純正タイプの分解しないと交換できないタイプです。

個人的にパカパカが嫌いなので、分解して交換する方を選びます。
パカパカが嫌いな理由は、分割タイプなので、接合部からのグリス漏れが起こりやすい!
それと部品が高い!平均6000円程。
いいとこは作業時間が極端に短い。ってだけです。

って事でドライブシャフトを外します!

左右仲良く破れてます。。。

外側のブーツを交換するのに、内側のベアリング類を文化うする必要があります。
折角なので、綺麗に清掃して、専用の高級グリスをたっぷり詰めます!


手が結構グリスまみれになる作業ですが、なんか楽しいんです。。。。修理してるって感じがして。。。

組み上げたシャフトを車両に取り付けて試運転です!
異音も無く普通です。 ここまでやっても体感することは無いですが、
それでもきっちりすると気持ちいいです。

今回使った工具たち。




  

Posted by 阪下自動車 at 21:19Comments(0)修理、整備

2015年07月08日

ネイキッド ブレーキ

前回点検をした時にブレーキパッドが少なかったので
ブレーキパッドの交換と、ブレーキの効きも悪いのでそれも一緒に!
との事でした。。


フロントのブレーキパッドを交換して、今度はブレーキの効きが悪い!って所を整備?調整します。

これまで自分は軽自動車のブレーキはこんなものだと思っていましたし、
車検にも普通に通っていたので気にもしてなかったのですが、
リヤのドラムブレーキが自動調整の場合は、(サイドブレーキやブレーキを
踏むと自動で調整してる。)全く調整してなかったんです。
むしろ調整できないと思ってましたが、
最近あることから、知りました。
自動調整でも、調整するとブレーキの効きが格段に上がることを。

特に軽自動車はブレーキを踏むと、車体が前のめりに前だけ沈んで後ろが浮く。
これが普通だと思ってました。


これだと、殆どブレーキは前輪だけで効いている状態。
考えてみたら、軽でリヤのブレーキシューの交換をした経験は殆ど無い。。。。

リヤのブレーキを調整をすると、4輪できちんと止まってる感じがして、
ブレーキを踏んだ時の安定感は全然違います。

(また写真が横向きですが、これがドラムブレーキの中です。)

自動調整の部分がここ

このギアとギアのかみ合わせの位置を動かしてあげるだけです。

自動調整もある程度の範囲でしか調整できないようなので、
車検の時にはきっちりやっておきたいところです。


  

Posted by 阪下自動車 at 13:19Comments(0)修理、整備

2015年06月30日

フィットエアコン修理

GD1 の型のフィットがエアコン修理で入庫です。
エンジンからガラガラ音がして、走っているときは
エアコンは効くのだけど、停車すると効かなくなるとの事です。

原因はコンデンサーファンモーターの不良でした。

簡単に交換できるだろうと、作業開始!
ってエンジンルーム狭すぎて、外せない。。。。
バンパーを外して、骨格を一部外し、
勢い余ってヘッドライトまで外しました。。。。

何の車かわからなくなりそうです。。。。

交換したのはこれのモーターです↓

エンジンルームがもう少し広ければ、こんなに分解しなくてイイのに。。。。

交換後、異音も無くなり、寒い位にエアコンが効きだしました!!!

  

Posted by 阪下自動車 at 12:45Comments(0)修理、整備

2015年04月17日

ヴィッツのブレーキ

前回のATF交換時の試運転時に、
ブレーキがあまりにもガタガタと酷かったので、
ブレーキキャリパのオーバーホールと、ブレーキパッド、ディスクローターの
交換をお勧めしていたんです。
本日入庫して頂きました。

交換時にキャリパの塗装もお願いしますとの事でした。

最初の状態

スリッドの入ってるローターですが。。。。

ローターを外して内側を見ると、とんでもない状態!!
間違いなくこの錆がブレーキのガタガタの原因!!!


今度はキャリパの汚れと古いと塗装剥ぎ!!!

シールキットでオバーホールも!!

そして装着するローターがこれ!!!

スリッドも入って焼きまで入れてある!!
かなり効きそうなローター!!

そしてハブもバックプレートも錆びていたので錆を落としてつや消し黒で!
組み付けて、イイ感じ!!!!


ブレーキのエア抜きも完璧!!って思って試運転すると、
ん????ブレーキが深い。。。。。
ローターとパッドがまだ焼けてないからと思い、しばらく試運転するも変わらない。。。。

工場に戻り、エアが噛んでたかな?と思い再度エア抜きするもエアは出ない。。。。

なんとなく判っていたんですが、マスターシリンダが抜けてる。。。。

お客様に追加作業が発生した旨お伝えすると、
その症状は前からです!と。

ついでにリヤのブレーキもオーバーホール予定。

更に問題発生。。。。。
マスターシリンダインナーキット(6800円)で存在するのだけど、
メーカー欠品。。。。。(入荷に時間が掛かる。。。。)
マスターシリンダーASSY(26800円)メーカー有。
リヤブレーキのカップキットは860円なのに。。。。

お客様の判断はマスターシリンダASSY交換で!!
と、おっしゃって頂きました!!!

折角綺麗になって、ガタガタも直ったのになんだか
すっきりしないです。。。

追加作業は来週に持ち越しです。
これでブレーキは完璧になります!!!
どのくらい良くなるのか楽しみです!!!!!!
これで安心して乗れるはずです。

  

Posted by 阪下自動車 at 20:43Comments(0)修理、整備

2015年04月06日

ヒーターコアより水漏れ

ルート配送のトラックで1か月半で5000kmほど走るトヨエーストラック
が水漏れで入庫。
室内のヒーターコアより水漏れ。。。
足元が緑色の水でビショビショ。。。

このヒーターコアの交換が非常に大掛かりな作業!!!
ダッシュボードを完全に取り去ります!

ここまでバラシテもまだまだ出てきません。。。。

A/Cユニットを取り外さなければなりません。。。。
これを外すのが一苦労!!!
A/Cのコンデンサを外したので、ケースから割ってみると
汚れがびっしり!!

ここについてる汚れやカビがエアコンを入れた時の臭いの原因!!!
簡単に外れるならどの車も洗ってあげたい。。。
これも綺麗に洗浄。
これで、臭いとA/Cの効きも良くなったはず!!!

と自分が作業したかのように書きましたが、4/1日で3年目の大ちゃんが
ほぼ一人でやり遂げました。
車好きってどこまで探究心が強いから、どんどんと色んな作業が
任せられるようになってきました。
素人からたった2年でここまで成長が速いとは頼もしい!!!  

Posted by 阪下自動車 at 10:00Comments(0)修理、整備

2015年04月05日

アルトチェックランプ点灯

走行17万キロのアルト。
エンジンチェックランプ点灯で入庫です。
アイドリングが低くガタガタなってる。。。

DT3300でコンピューター診断。

チェックランプ点灯の原因はO2センサーの
ヒーター線の断線。
エンジン不調と関係ありません。

データを見てみると

空燃比学習値と補正比を足すと27.3%って。。。。殆ど壊れてる状態。
(27.6%ガソリンを余計に噴射してる状態)燃費が悪いはず!!

そんな時はRECS!!

RECS後はこんな感じ

大分よくなったのかな???
何とも言えませんが数値がおかしい!!!

そんな時はスロットルバルブの洗浄!!

ギットギトにカーボンで汚れてます。
汚れがひどいのスロットルバルブを外して清掃!

最初に比べると数値は雲泥の差 正常な範囲に入りました!!!

エンジンのガタガタも治まり良い感じ!!!
これで燃費も良くなったはず!!!

  

Posted by 阪下自動車 at 10:00Comments(0)修理、整備

2015年04月04日

レガシーアウトバック

前の方から、ハブベアリングの異常の様なゴーゴーと
音がするとの事で入庫の レガシーアウトバック。



現象確認で試運転するも異常な音がしない。。。。。
人が違うと気になる音が違うかもと思い、
大ちゃんに試運転してもらうも、音はしない。。。

う~ん。
困った時は、その車の事を良く知ってるお客様に
電話。状況を説明すると、
「高速に乗った時に出る音で街中では出ないんじゃないかな?」
との事。

電話で打ち合わせさせて頂き、フロント左右のハブベアリングの交換作業です。
ベアリングもハブASSYで交換作業もサックと完了です!!

  

Posted by 阪下自動車 at 10:10Comments(0)修理、整備

2015年04月02日

イプサムタイミングベルト交換

SXM10のイプサムがタイミングベルト交換で入庫でした。

年数が経っている車なので、きっちりオイルシール類の交換です!!

これがオイルポンプなんですが、オイルシールだけじゃなくガスケットの交換をしておかないと
後々漏れてきます。


このシャフトについてるガックリがオイルシールが当たる部分で削れてガックリが付いてきます。
その分オイルシールのあたりが弱くなりオイル漏れの原因です。
勿論交換!!ってしたいのですが、この部品だけの供給は無く丸ごとの部品供給。。。。
価格が高い!!!
経験上、この削れ具合だと大丈夫と判断し、そのまま!!!
塩梅を付けて行かないと、気になるところ全部替えてたら、お財布に優しくない
ので、まだ行けそうなところはそのままです。

クランクシールにカムシール
最近特殊工具を増やしたので、作業が正確で楽!!


これはカムオイルシールを取ったところ!

これは入れてる所!


これだけきっちりやれば前まわりからのオイル漏れは一滴も無い!!!


  

Posted by 阪下自動車 at 10:00Comments(0)修理、整備

2015年04月01日

ハイエースにRECS

お仕事でお使いのガソリンエンジンのハイエース。
ピカピカです。


ガソリン代の支給は8km/Lなのにそんなに走らない!
との事。
 
ガルフの全合成のエンジンオイル交換!

それとRECS!


モコモコ白煙がでます。
最近は近所迷惑にならないように、マフラーに掃除機を突っ込んで煙を吸わせてます。
意外と煙の量が減りますが、掃除機がRECS臭が酷いので、RECS専用の掃除機です。。。


Eさんの感想は、エンジン音が静かになり、エンジンの吹け上がりもよく、トルクが太くなった!
八木山峠を通るのが楽しみ!ッとの事です。

調子が良くなった車って運転するの楽しいですもんね!!

  

Posted by 阪下自動車 at 17:21Comments(0)修理、整備