› 福岡の整備工場 SUNNY DAY AUTO SERVICE › W211 足回り異音。

2018年05月02日

W211 足回り異音。


昨年の10月頃にリヤのエアサスの交換をさせて頂いた車両です。

前回のエアサスの修理時の入庫の経緯は、
別の工場で中古のエアサスを取り付けるも
2週間もしないうちに破裂。

その手直しで、再度交換してもらうも1週間持たずに破裂。。。
との事で、
作業した工場はミスは無いから使用上の問題だということで
責任は無いからどうしようもないと結論付けられたとの事。

そんなにトラブった車両を触るのは物凄く怖いけど、
受けて立ちました!
後ろペッタンコで乗れる状態ではなかった。。。
エアサスだけでなく、コンプレッサーの内部まで錆が出てましたので、
丸っと交換を行いました。

破裂の原因は恐らくエアサスの取り付け角度を間違っていたことと
推測されます。
かつノーブランドの安い物がついてました。。。。

純正は高額なので社外品で探すと、ビルシュタインのエアサスがありました。
とここまで昨年の作業。

そして今回はリヤの車高に左右差が有る、
足回りより異音が酷いからその修理との事です。

左右の車高の違いは最大1.5cm。
お預かりした時は差は無い。。。。
ある時は右が高く、
ある時は左が高い。。。

なんだ???


異音の発生はリヤはショックアブソーバーより発生。

フロントは、ロアボールジョイント、ブッシュより異音発生。。。
ロアボールジョイントのガタはこの車両の定番修理箇所。

フロントは特殊工具をKさんにプレゼントしてもらった
物を使ってサクッと交換!
(特殊工具(SST)が無ければ構造上絶対に作業が出来ない。。。)

簡単そうに見えたリヤショックの交換が難航。。。。

ショックの頭がこの何とも言えない形の特殊ナット?で締まってます。
別の工具で抑えようと何度もトライしましたが、滑って緩みません。。。。

特殊工具を買おうにも誰も持ってません。。。。。

どうやって外すか考えました。。。

そして翌日通勤中に閃きました!!!
あの特殊ナット?皿に6角ナットを溶接すれば外せるし、
締めれる!!!

元溶接工の武ちゃんにTIG溶接で溶接してもらいました!

作戦成功!!!!!
簡単に外れました!!!!


おかげで無事に交換完了!!


作業後はびしっと音も止まりいい感じです!!!

車高の差は、この車両はリヤだけエアサスでかつ、
車高のセンサーはリヤ左右で一つ。
しかも高さじゃなくて、圧力でしかコントロールしているとの事。

じゃーなんで左右差が出るのかは今もって謎です。。

恐らく車両のコントロールユニットの精度の差が原因なのでは
というところで、様子をみてもらうことになりました。





Posted by Sunny day auto service at 08:31│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。