› 福岡の整備工場 SUNNY DAY AUTO SERVICE › 修理、整備 › デリカ、エンスト。

2012年01月26日

デリカ、エンスト。

昨日の午前中に会社の直ぐ近くのお客様が息を切らしながら、
「道の真ん中で車が止まってしまってどうしようもないからどうにかして!」とSOSです。
お客様が言われるには、バッテリーが上がったのでは?との事だったので、
とりあえずバッテリチェッカーを持って現場まで歩いて行った。

試にエンジンを掛けてみると、軽くブルン!とエンジンが掛かった。

お客様「えっ?なんで?さっきは何度やっても掛からなかったのに~。」と。

とりあえず工場に戻りお話を伺うことにした。
(これで結構原因が絞れるんです。病院のお医者さんの問診と同じです。)

先日も寒い朝になってその時は直ぐにエンジンは掛かったが、その時も、
今回もエンストする前にアクセルを踏んでも力が無く、エンジンがガクガクしたとの事。

さてどうしたものかと、まずは燃料計がEラインより下になってたので、2000円分給油。

症状からして、ガス欠に似た症状なので、燃料系であることは間違えない。
ディーゼルエンジンがエンストするとはかなり稀なケース。

黒煙も酷かったので、詰まっていたエアクリーナと燃料フィルターの交換を行った。
黒煙は減ったけれど、エンスト原因とは思えない。。。。

そこでデリカのプロ?に相談の電話をすると、あ~それ結構なるよと。
流石症状だけで返事ができるとは、恐れ入りました。

で、原因は燃料噴射ポンプのパッキンが悪くなり、
燃料のラインにエアが入りエンストを起こすことが寒い時のみに有るとのこと。
(少し燃料が漏れてる)

要は経年劣化です。

完全に治すには十数万円。。。。

機械式の燃料噴射ポンプは作りが精密で複雑だから高いです。。。

お客様には、エンストした時の応急処置(燃料フィルタの上についてるエア抜き用手動ポンプを固くなるまで押してくださいと。固くなればエンジンかかりますから。)と伝え、症状が酷くなったら修理もしくは。。。。考えましょうと、とりあえずは決着?しました。





同じカテゴリー(修理、整備)の記事画像
4トンダンプの修理 前
代車 BMW E90
IS250 30万キロ エンジン
レクサスIS 30万キロ!ATF
レクサスIS350 ATF等交換
サーブ9-3カブリオレ修理。
同じカテゴリー(修理、整備)の記事
 4トンダンプの修理 前 (2018-11-17 15:41)
 代車 BMW E90 (2018-07-11 12:57)
 IS250 30万キロ エンジン (2018-05-01 08:31)
 レクサスIS 30万キロ!ATF (2018-04-30 22:37)
 コペン ブレーキO/H (2018-03-06 18:08)
 レクサスIS350 ATF等交換 (2017-11-29 19:51)

Posted by Sunny day auto service at 21:29│Comments(0)修理、整備
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。