› 福岡の整備工場 阪下自動車の日々 › ATF交換 › フーガ変速ショック

2016年09月19日

フーガ変速ショック

P50系の日産 フーガ 走行13万キロ
ATの変速時変速ショックが気になるとの事で、
長崎県よりご来店いただきました!


症状の確認の為、お客様にどのような時に変速ショックが出るのかを詳しく伺うと、
NからRに入れた時に一番大きく変速ショックを感じるとの事。
走行時は変速ショックは感じないとの事。
冷間時、温間時共に症状は変わらないとの事。

ん????
ATが原因では無いような気がする。。。。

試運転をさせて頂くと、車両の後方より、ゴンとショックがある。。。

これは間違いなく、デフを支えてるブッシュがヘタっている。。。

車両をリフトアップして、大ちゃんに乗ってもらい、NからRに入れると、デフ全体が上向きに
ゴッツと動く!

思った通りの場所が、思った通りの状態だったら、ヤッタ!って感じになります。

写真の中央に映ってるところです。

お客様に実際の動きを見てもらい、ご説明させていただきました。

そして、「今回の変速ショックはAT本体からではないので、ブッシュを交換すると改善しますが、
ATFの交換はどうされますか?」と伺うと、

「折角ここまで来たので、交換お願いします!」とATFの交換作業のご依頼をいただきました!!!

トルコン太郎をATのクーラーラインに割り込ませ、モニターで中のオイルの状態を観察。
色は黒く変色して劣化は見られましたが、鉄粉の量は少ない!!!
全容量をスパーコーストで洗い、仕上げATFとして、マイスターGXに交換
SOD-1の添加して作業完了!!!


元々調子は良かった車両ですが、交換後確認の為の試運転を行うと、
アクセルを抜いた時の車の転がり具合がす~っと行くようになりました!
きっと燃費もよくなったはずです!!!

今回のフーガーはATのオイルストレーナーが単品としての部品の供給が無い為、
交換できませんでした。残念です。。。。


遠い長崎よりご入庫ありがとうございました!!!!




同じカテゴリー(ATF交換)の記事画像
スバル アルシオーネSVX
レクサスIS350ATF交換!
マークX
200系クラウンATF交換
W211 ATF交換
エルグランドCVTF交換
同じカテゴリー(ATF交換)の記事
 32万キロハイエースATF交換! (2016-09-19 14:50)
 スバル アルシオーネSVX (2016-09-19 14:23)
 レクサスIS350ATF交換! (2016-09-19 14:03)
 マークX (2016-09-01 13:10)
 200系クラウンATF交換 (2016-07-22 21:11)
 ボルボ V70 XC ATF交換 (2016-06-20 18:12)

Posted by 阪下自動車 at 13:14│Comments(0)ATF交換
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。